おすすめグッズ

健康的に食費を節約するにはキャベツ一玉買うのがおすすめ

こんにちは!まりです!

一人暮らしは何かとお金がかかりますよね。もっと食費を抑えたい!そう思う方も多いのではないでしょうか。

私も食費の節約はしたいけど、しっかり野菜も食べるなど健康的な食生活をしたい気持ちもあります。そこに現れた救世主が、一玉のキャベツなのです!

私は以前よく1/2カットのキャベツを買っていたのですが、この間買い物に行ったらまるまる一玉のものしか売ってなくて、食べきれるかな…と少々不安を抱きながらもキャベツ一玉買ってみました。

一人暮らしでキャベツ一玉買うことのメリット

①コスパが高い

キャベツ一玉全部食べきるのに、一週間ちょっとかかりました。でも食べきれた!

食べきるのに一週間かかるということは、逆に考えればすぐに無くならないということです。

一玉180円くらいで買いましたが、これはコスパ良すぎでは…!と思いました。

例えば他の野菜で、180円だと3本入りのなすが一袋買えたりします。

しかし、なす3本はあっという間に食べきってしまいませんか?

ほうれん草、小松菜なんかも茹でたらかさが減って、大した量はありません。

キャベツも茹でたらかさは減りますけど、なんせ元々の一玉が圧倒的に大きい。

ちょっと減ったところで、まだまだ残ってます。無限に食べられるのではないかと、ちょっと錯覚してしまうくらいです(笑)

②調理の幅が広い。生でも、火を通しても!

キャベツは色々な料理に活用できます!その汎用性の高さも、おすすめの所以です。

生食では、コールスローサラダや居酒屋にあるようなざく切りキャベツ、千切りにしてとんかつや揚げ物の付け合わせなど。

加熱調理では、野菜炒め、おひたし、みそ汁の具として、ロールキャベツなどなど、様々な食べ方があります。

ロールキャベツなんて手の込んでそうな料理作ったことないですけどね(笑)

大体、おひたしというかただの茹でキャベツにするか、肉やウインナーと一緒に炒めて食べてます。

最近は寒いのであまり生では食べないのですが、この、生でも食べられるという点はかなりおすすめポイントです。

自炊面倒くさいな~って日も、火を使わないで食べられることでハードルが下がります!

包丁で切る必要はありますけどね^^;あ、でも手でちぎってもOKです。

ちぎりキャベツに、おすすめはごま油+マヨネーズです。これで簡単に一品完成です!

一人暮らしでキャベツ一玉買うことのデメリット

①冷蔵庫の中で場所を取る

キャベツ一玉はその大きさゆえ、なかなか無くならない、コスパ最高の野菜なのだ!ということはこれでもかというほど伝えて参りました。

しかし、その大きさゆえ、冷蔵庫内で場所を取る!他の食材を入れるスペースが圧迫される…!

特に一人暮らしの冷蔵庫って小さめですもんね。我が家も然りです。

この問題に関しては、頑張って詰めて冷蔵庫にしまおう!あとなるべく早く食べて小さくしていこう!

②人によっては飽きる

1番好きな野菜は?と聞かれて、二つ返事で「キャベツ!」って言える人は大丈夫でしょう。

そんな人はキャベツ一玉食べきった後「キャベツはしばらくいらんわい」と思ったとしても、2、3週間後位にまた買ってきておいしく食べているかも。私はそのタイプです(笑)

好きな野菜ベスト3にキャベツが入ってる人も飽きずに食べきれるかもしれない。根拠はないけど(笑)

キャベツは特に好きでも嫌いでもないよ!という方は、もしかしたら途中で飽きちゃうかも^^;(買うときは自己責任で!)飽きないように色々な調理方法を試してみるのも手ですね。

まとめ

メリットデメリット両方ありますが、実際に一人暮らしでキャベツを一玉買って感じた、健康的な節約にピッタリなキャベツの良さが伝わるといいなと思います。誰かの役に立てれば幸いです!