グルメ

【食レポ】ねぎがシャキシャキ!ふっかちゃんの「深谷ねぎがんも」を食べたよ

この間、MUSAKO GARDENの『地産マルシェ』で買い物していたら、可愛いゆるキャラがパッケージに描かれた「がんもどき」が売っているではありませんか!

埼玉県深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」の可愛さに商品を手に取った訳ですが、よく見ると美味しそう!さっそく買って帰って、夕飯のおかずにしました♪ちなみにお値段は1個100円+税でした!

「深谷ねぎがんも」の調理法

フライパンで焼く

ライパン、またはトースターでがんも両面を焦げ目がつくまで焼きます。

フライパンで両面焼きました!表面がカリッとしてきて美味しそうです。

今回は袋裏に記載されている通り焼いて食べましたが、煮物・おでん・鍋などの煮込みにも適しているとのことです!

焼き上がり、断面

焼けました~!こんがりと香ばしいです。

半分に割ってみると、中には刻まれた深谷ねぎがたっぷり!

「深谷ねぎがんも」の食べ方

さっそく食べようと思いますが、さあ、どうやって食べましょうか!

パッケージに「おいしい食べ方」が載っていました!

そのまま → 素材の味を楽しめます

バター醤油
しょうが醤油    → さっぱりおいしく
めんつゆ・ポン酢

ソース、マヨネーズ → お好み焼風

 

「深谷ねぎがんも」商品パッケージより

色々な食べ方があるんだなぁ~。とりあえず、家にある調味料でできるやつにしましょう!

半分ずつ、2種類の食べ方を試してみました。

写真左…ソース、マヨネーズでお好み焼き風  パッケージに載っていた食べ方ですね。

写真右…醤油   バターもしょうがも家に無かったので、シンプルに醤油のみです!

ソース、マヨネーズの感想

自分では考えつかない食べ方ですね!お好み焼き風でなかなか美味しいです。

ただ、ソースとマヨネーズの存在感が強いので、せっかくの深谷ねぎの風味が弱く感じられるかも。

醤油の感想

やっぱり、大豆製品には醤油が合います!

ふわっふわのがんもとシャキシャキの深谷ねぎ、その良さを引き出しつつ、味に締まりが出て良い感じです!

「深谷ねぎがんも」感想まとめ

ネギのシャキシャキ感はもちろんですが、がんも自体が本当にふわっとしていて美味しかった…!

また買ってみたいと思いました。次はポン酢など、違う食べ方も試してみようと思います!