お出かけ

梅が見ごろ!「第17回小金井公園うめまつり」に行ってきた!

こんにちは!小金井市在住3年目、まりです!

2月も中旬になりまして、東京は梅が見頃になってきました(^-^)

今日は、小金井公園で開催された「うめまつり」に行って梅を見てきました!

今年の「うめまつり」というイベントは終了しましたが、まだまだ梅が見られますし、梅の品種によってはこれから咲くものもあります!きれいな梅を見ながら、公園を散策してみてはいかがでしょうか♪

小金井公園とは

小金井公園は玉川上水沿いに位置する、東京都小金井市と 一部が小平市・西東京市・武蔵野市にまたがる、 敷地面積77ha(ヘクタール)の広大で自然豊かな公園です。

ちなみに、東京ドームは4.7haだそうです。小金井公園がどれだけ広いか、お分かりいただけたであろうか…!

近隣の住民の憩いの場として、地域に根差している感じのする公園です!

老若男女幅広い年齢層が来園しています。 ファミリー、友達グループ、カップルや、私のように一人で来る人も。犬の散歩をしている人にも出会いますね。みんな思い思いに過ごしています(^-^)

ちなみに桜の季節はお花見客で賑わっていますが、なんせ広すぎる&ちょっと郊外なので、そこまで混みすぎていない穴場スポットですよ♪

敷地内には江戸東京博物館分館「江戸東京たてもの園」という施設があります。

文化的価値の高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示している施設で、なかなか面白いです!

江戸東京たてもの園のマスコットキャラクター「えどまる」は、なんと宮崎駿さんがデザイン!

小金井公園で見られる梅

小金井公園では、約28種、約100本の梅の木が植えられてあり、様々な種類の梅が見る人の目を楽しませてくれます!

「鴛鴦(えんおう)」。鮮やかなピンク色が目を惹きます。
「古城の春(こじょうのはる)」。比較的新しい品種だそうです。
「八重野梅(やえやばい)」。正月用のぼんさいとして利用されることがあるとのこと。

写真を載せたのはほんの一部ですが、他にもたくさんの種類の梅の木があり、散策のしがいがありました!

梅以外の早春の花

黄色くてかわいい花が咲いていました!「ソシンロウバイ」という花、これも梅なのかな、と思いきや、調べてみると梅ではないようです。甘い香りがしました♪

「 素心蝋梅 (ソシンロウバイ)」

出店で梅酒を買いました

イベント時は出店も出ており、見て歩くのも楽しいです。


東京の地酒が、小さいカップに1杯100円で販売されています!吸い寄せられるように買いました(笑)

純米酒と梅酒から選べるとのことで、梅酒をチョイス♪

ベンチに座って、梅を見ながら梅酒をいただきます!

うーんおいしい!!けど寒い(笑)外でお酒は、もうちょっと暖かくなってからがいいね…!

小金井公園の梅林の場所

小金井公園内の梅林の場所は、公園の中央寄り左側にあります。

ちなみに、広すぎて私は公園の半分より右側には行ったことがありません^^;

小金井公園の基本情報・アクセス

場所 
小金井市桜町三丁目、関野町一・二丁目、小平市花小金井南町三丁目、西東京市向台六丁目、武蔵野市桜堤三丁目

開園日 常時開園( サービスセンター及び各施設は年末年始は休業 )

入園料 無料(一部有料施設あり)

アクセス JR中央線武蔵小金井駅から西武バス花小金井駅入口行きに乗り「小金井公園西口」下車 (約7分)

駐車場 あり(有料・24時間)ただし、お花見の時期は道路が混むので、公共交通機関で来られることをおすすめします!