グルメ

【武蔵小金井】進藤洋菓子店|洗練された上質さの中にオリジナリティの光る洋菓子店

武蔵小金井の農工大商店街にお店を構えるケーキ屋さん「進藤洋菓子店」へ行って来ました。

フランスはパリの有名パティスリー「シュクレ・カカオ」や「ジェラール・ミュロ」で働いた経験を持つ、オーナーパティシエの進藤氏が作るこだわりの上質な洋菓子が揃うお店です!

進藤洋菓子店 店舗情報・アクセス

店名 進藤洋菓子店
住所 東京都小金井市本町1-6-17 若林ビルⅡ 102号
電話番号 042-316-4791
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
インスタグラム shindo_yougashiten_official

武蔵小金井駅南口から徒歩4分。飲食店を中心に様々なお店が立ち並ぶ、農工大通り商店街。

商店街を歩いていると、壁一面真っ白で、凛とした佇まいが目を惹くお店があります。

そのお店が、今回お伺いした「進藤洋菓子店」。

ずっと気になってはいたものの、何だか敷居が高いように感じて、入れずにいたんですよね。

でも、思い切ってお店のドアを開けてみました。

店内へ入ってみると、白を基調としたスッキリと洗練された空間に、様々な種類の焼き菓子が陳列されており、正面のショーケースにはこれまた美しいケーキ達の姿が!

オ、オシャレ~!す、素敵~!

店内は写真撮影禁止とのことで、店内の写真はありません。頑張って文字で表現します(笑)

思い切って入ってみて良かった~、さて、どのケーキにしようか…と考えていたところ、お店の方が「なんでも聞いてください」と声をかけてくださいました。親切!

聞くところによると、「しんどうロール」というフルーツ入りのロールケーキが、とっても軽い味わいのロールケーキで人気だそうです。

「しんどうロール」も美味しそうでしたが、華やかで可愛らしいビジュアルが目を惹いた「いちごのパフェ」が気になりました。

いちごのパフェを購入

「いちごのパフェ」の写真がこちら(購入後家で撮影しました)。めちゃくちゃ可愛い♪

「いちごのパフェが気になるんですよね~」とお店の方にお話ししたところ、こだわりのポイントを教えてくれました。

パフェを構成するパーツの一つ「サクサクホワイトチョコ」のサクサク感を保つため、その下のストロベリーソースとの間に空間を作っているとのこと。

実際に見てみると、確かに空洞になっている!

写真の真ん中あたりが空洞になっているのがお分かりいただけたと思います。

また、頂く際は、サクサクのホワイトチョコを縦につぶして軽く混ぜて頂くのがおすすめだそう。

というわけで、「いちごのパフェ」540円(税抜)を購入しました♪

いちごのパフェを実食

お家で「いちごのパフェ」を頂きました。

まず最初に一番上のいちごムースを口に入れてみたところ、とってもフルーティーでなめらか!

このムースだけでも美味しすぎる~!

ちなみに私は、様々な種類があるケーキの中でも、特にムース系のケーキが大好物なのだ。

ムース単体も美味しいが、おすすめされたように、全体を軽く混ぜて食べてみようではないか。

スプーンを縦に入れてみると、サクサクホワイトチョコのザクっとした感触が感じられる。

おお!サクサク感がめちゃくちゃキープされている!

パフェ全体を一緒に食べてみると、色々な食感があって楽しいし、何よりおいしい♪

このパフェを形づくる構成員は、いちごムース、いちご・ピスタチオ、いちご果肉入り生クリーム、米粉のスポンジ、サクサクホワイトチョコ、ストロベリーソース、バニラプリンと盛りだくさん。

これらのパーツが、計算されつくしたバランスで作られているんだろうな、さすが…!

とても美味しく頂きました!

さいごに

我が心のもっと早く行けばよかったお店リストに、新たに「進藤洋菓子店」が加わりました。

人気の「しんどうロール」も気になりますし、また伺ってみたいと思います!